発達障害|広汎性発達障害の症状や原因、遺伝との関係などについて知りたい方に

広汎性発達障害の特徴


sponsored link

広汎性発達障害は脳機能の生まれつきの障害です。

 

精神病や心の病ではなく生化学的な原因によるものです。

 

発達上の広範囲の領域で様々な障害がみられるのが特徴です。

 

主に3つの分野、社会性(ソーシャルスキル)、コミュニケーション能力、思考・想像力(イマジネーション能力)の発達面で異常が見られます。

 

よく見られる症状としては、患者によって異なるものの、いつも一人でいるとか、目を合わせないとか、特定の物体、活動などに非常に夢中になるといった症状が挙げられます。

 

広汎性発達障害は世界的な医学診断基準では、自閉症、Rett障害、小児期崩壊性障害、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害(PDD−NOS)の5つのサブカテゴリーに分けられています。

 

しかし、患者の年齢や、知的レベル、育った環境などの様々な要因によって、ほぼ無限といって良いほどの多種多様な症状が表れるため、症状を分析して適切な診断を下すのは医療の専門家でも大変難しいものとなっています。

 

また本人の意志や努力、脳の適応能力などによって障害を持っているのかどうか自体の判断が難しくなっている場合もあり、診断には十分な時間をかけ、家族構成や生い立ちなど様々な角度から総合的に判断していく必要があります。

 

広汎性発達障害を抱える人々に対する治療方法、支援、アプローチの仕方については現在でも世界中で様々な方法が模索されています。

 

広汎性発達障害でお悩みの方に>>発達障害改善マニュアル

 

トップページへ戻る


sponsored link