発達障害|広汎性発達障害の症状や原因、遺伝との関係などについて知りたい方に

sponsored link

はじめに

広汎性発達障害,症状,診断,支援
広汎性発達障害のことはご存じですか?

 

このサイトでは広汎性発達障害について
症状や原因、遺伝や支援方法などのポイントを
わかりやすく解説していきますので、ご家族や
お友達を支援するのにお役立てください。

 

メインコンテンツ

広汎性発達障害は、今話題の「発達障害」の1つです。

 

「発達障害」と呼ばれる障害には、幾つかの種類がありますが、広汎性発達障害は、今その中でも特に注目されています。

 

広汎性発達障害について疑問をお持ちの方も多いと思いますので、
そんな、ちょっとした疑問をお持ちの方のために、広汎性発達障害に関する
情報を集めてみました。

 

広汎性発達障害とは何か?

 

広汎性発達障害とは、社会性、コミュニケーション能力、想像力の三つの分野自閉的特性の見られる障害全ての総称です。

 

広汎性発達障害は、脳機能の生まれつきの障害です。発達上の広範囲の領域で様々な障害が見られます。広汎性発達障害は、自閉症、Rett障害、小児期崩壊性障害、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害(PDD‐NOS)などに分けられています。患者の年齢、知的レベル、育った環境によってほぼ無限と言ってよい症状が現れ、適切な診断は専門の医師でも大変難しいものとなっています。

 

広汎性発達障害の人にみられる特徴

 

広汎性発達障害の人たちには、人との関わり、会話、こだわりなど対人関係面での障害が見られます。

 

広汎性発達障害の人には患者によって異なるものの、目と目を合わせない、いつも一人でいる、特定の物体、活動などに夢中になるといった症状があります。高機能(IQ70以上)の場合には、本人の意思や努力、脳の適応能力などによって障害の有無の判断自体が難しいケースもあり、家族構成や生い立ちなど様々な角度から時間をかけ診断していくことが必要です。

 

メインコンテンツ

 

サブコンテンツ